読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uの忘れ物

忘れ物をしない為に 振り返ることが 今の俺にできるたった1つのこと

嫌になる

自分が嫌になることがある

 

自分のせいだと分かっている

 

甘えだ

 

自分でなんとかしないといけない

 

自分の非を認め…

 

言葉で言うのは簡単だ…

 

でも

それが実現できないなら、

言葉にすることすら…

 

結果を

 

出すしかない

 

覚悟を持ってやる

 

たった

それだけのこと

ただただがむしゃらに

「決めまりましたよ!

貴方がオススメしてくれた商材が採用されました!」

 

営業をして行く上で、

当てずっぽうではいけないし、

無鉄砲ではいけない

ある程度は数字を意識して、

意図的に選んでもらえるように

"仕向けること"も時には必要だ

特に月末の締めの時は…

眼がたぎるのを

必死に抑え込むことから

1日が始まる

 

信頼関係があれば

ある程度は惰性でなんとかなることもある

新しく手に入れた

ネタを小出しにしていくのもいいだろう

 

後、いくらで目標達成

 

数字を追いかける日々

数字の下に全てがぶら下がり

数字の下に手段がある

 

数字

 

目に見えてわかる

 

また上司に詰められる

なんて言い訳しよう…

 

そうやって

事務所の扉を開ける

 

詰められ

 

追い詰められ

 

全てを否定される

 

数字の下に正義があり

正しい答えがある

 

数字なきは根拠なき

 

面白い世界だ

 

そして、

数字しか見ていないと

どうなるか

 

こっちで決まっていた案件が

ライバル会社に持って行かれる

 

当たり前だ

 

対、人

 

俺たちは

数字と闘っているわけじゃない

人と向き合ってる

 

しかし、

 

人は裏切る

 

そして、

数字は裏切らない

 

実に

面白い世界だ

 

そして、

一度失った信頼は

中々取り返せるものではない

 

ここまで来たら

ジリ貧だ

また、

信頼関係を構築していくことになる

 

これは、

俺が営業の世界に飛び込んだ

一年目の出来事だ

 

訪問すればするほど、

俺は嫌われていった

 

カタログを投げつけられ

どなられ

ものが飛んできた

名刺を目の前で燃やされたこともあった

 

契約が取れるまで戻って来るなと言われた

 

夜になり、

当たれるクライアントがいなくなった

一晩

公園のベンチに座って夜が明けるのを待って

会社に出勤したこともあった

 

どうして…

 

追い詰められると

人は考えるものだ

 

あぁ、

俺は クライアント を見てない

満足を提供してない

役に立っていない

 

当たり前なようで

忘れがちなこと

 

次の日から俺は変わった

 

なんて、

俺は器用な人間ではない

 だから、

できることから始めた

 

まずは

笑顔でちゃんと目を見て

挨拶をするようにした

 

それだけ

営業はしない

 

もちろん、

先輩、上司からは

ボロクソに言われ

俺は会社で地に堕ちた

 

知るか!!

 

そうすると

少しずつ

俺がというよりは、

クライアントから声がかかるようになった

最初は些細なこと

契約とは関係ない

調べ物の問い合わせだ

 

よしきた!

 

俺は、

調べてほしいと言われた内容以外に、

それと関係がありそうな事柄を

実際にはいらないかもしれないが、

それも一緒に資料にして渡した

 

このように

ちょっとだけ

+a することにした

 

それが

数字に繋がるか

 

なんて

その時は

考えてなかった

 

ただただがむしゃらに

仕事をした

 

そんなある日

クライアントの1人が

とても険しい顔で近付いてきた

 

話を聞くと

ビッグプロジェクトを任されたのだと言う

 

それは

喜ば…

 

と言える状況ではなかった

 

詳しくは言えないが…

 

 話はわかったが

何故、その話を俺に?

 

それが俺の率直な感想だった

 

そして、

真剣な目で言われた

 

「貴方に 使用する商材の採択をお願いしたい」

 

 !?

 

えっ?

 

一瞬、我が耳を疑った

 

プロジェクトの重要性は

説明を聞いて十分理解した

 

それを俺に。

 

少し考えて

俺は

 

「分かりました」

と、答えた。

 

それから

怒涛の1週間だった

 

内容は割愛するが

 

その間に思ったこと

ただただがむしゃらだった

期待に応えたい

このプロジェクトを成功させたい

それだけだった

 

その間、

俺とクライアントは間違いなく

"パートナー"だった

 

少しガタついている扉を開けて

目が合った瞬間

クライアントが高々と手を挙げ、

笑顔で俺を呼んだ

 

 「決めまりましたよ!
貴方がオススメしてくれた商材が採用されました!」

 

何とも言えない感情が込み上げた

 

やった!

 

俺は、

小さくガッツポーズをした

 

実に

面白い世界だ

 

頭の中がグチャグチャで

色々なものが絡まりまくっている

 

しっかり整理整頓されてないのだと思う

 

だから、

すぐに取り出せない

ほんと

救いようがない

 

まだまだできることもあると思う

 

むしろ

 

やるしかない

進む ということ

それは楽しいということ

 

のはずだ

 

一言で楽しいと表現したが、

その中には

勿論、苦しいこと、

勇気をふり絞らなくてはいけないこと、

壁にぶつかること

負けそうになること

負けること

挫折すること

 

様々なことをひっくるめて

 

楽しい

 

となるはずだ

 

俺には

ありがたいことに恩師がいる

 

恩師の言葉で

 

苦しいことから

目を背けるのはいい

背を向けるのはいい

そのまま立ち尽くしてもいい

しかし

覚えておけ

そこから一歩で動いてみろ

お前は こっち の世界の人間ではなくなる

振り向かず

そのまま去れ

 

去れ…

 

それは

今までの

楽しかったこと、

苦しかったこと、

頑張ったこと、

嬉しかったこと、

怒られたこと、

褒められたこと、

それが

思い出になるということ

 

もう、

皆と そして 恩師と

同じ時間を共有できなくなること

 

俺には、

目の前の苦しいことよりも、

恩師の

 

 

 

去れ

 

 

この言葉が何より苦しかった

 

このまま

振り返らずに進めば、

目の前の苦しいことからは解放されるだろう

 

でも…

それは、

もう戻れないということ

 

苦しいことから逃げても

別の苦しい、嫌が待ち構えている

 

進み方にも

色々あって、

未来に向かって進むのか

逃げるように進むのか

 

その違いは

余りに大きい

 

俺は

恩師の言葉に救われた

 

進むということは大変だ

だけど、

 

やはり俺は

恩師の元で楽しかった

目的の目的

こんばんわ。

 

今回のテーマは、目的 です。

 

とは言っても、

まずは目的を持たなくてはいけない

 

あれこれ考えて

目的を持った…

 

と、ここで自問自答する

 

例えば、

 

ブログを書く という目的を持ったとする

 

しかし

そこから更に何を目的にしたかによって

そのブログの方向性は大きく異なる

 

例えば、

自分の思いをぶちまけることを目的としたブログなのか

 

副業を目的としたブログなのか

 

備忘録を目的としたブログなのか

 

持続力を身につけることを目的としたブログなのか

 

どれも

ブログを書く ことを目的にしている

でも、目的によって

質もレベルも責任も手段も心構えも

何もかもが変わる

 

思いをぶちまけるだけなら、

比較的、勢いだけで何とかなりそう

 

副業目的なら

それなりに頭を使う必要があると思う

 

備忘録なら、

考えをまとめることも必要になるだろう 

 

持続力を身につけるなら、

モチベーションやネタ探しなどに注力する必要があると思う

 

そう考えると

目的を持つだけではなく

更に目的を持つこと

目的の目的が大切なんだろうな、と

 

ふと思った

1000円札

「男性の方!ここでパッとお札出せる人…

めっちゃ格好いいと思います!」

 

肩で息をし、

やりきった清々しい立ち振る舞いで、

マイク越しにそう言い放った

 

彼は

琉球、沖縄から来た

大道芸人、名を ツバサ というそうだ

 

※今回やや長文です(すみません

 

足取り重く

造幣局に桜を見に来たのだが、

何やら人だかりが

 

 

何気なく足を止めた

 

彼はとても輝いて見えた

観る人、

そして自分が楽しめるフィールドを

手探りで構築していった

 

彼はインターバル(次のパフォーマンスに移る準備中)自己紹介や、どうして来たかなど、

自分のことを語っていた

 

彼は

技と身体とスピリットだけで、

単身で関西に乗り込んで来て

ノーギャラだという

沖縄から関西まで片道

35000ほどかかるそうで、

このままだと家に帰れないと(笑

 

そして、

 

最後に

 

「お金ください!!」

 

とても潔くて、

とても素敵な人だなぁ と思った

 

そして、

 

「男性の方!ここでパッとお札出せる人…
めっちゃ格好いいと思います!」

 

と付け加えた

 

俺は

1000円を取り出し

彼のド派手でデカ過ぎる赤のガマ口財布に

その1000円を入れて、握手をした

 

彼はとても素敵な笑顔を見せてくれた

 

あっ…

そういえば…

と、ふと思い出した

 

中学3年の夏休み

俺は、

地元、岡山から

往復5日かけて、

京都まで自転車で行ったことがある

 

忘れもしない…

 

夜明け前、

うっすらと太陽が昇り、

木々にはうっすら朝霜

少し肌寒かったように思う

 

俺は道に迷って

右往左往していた

 

すると、

40代くらいの夫婦が俺を横切っていった

 

「あの〜…」

 

 

振り返るとさっき

俺を横切っていった夫婦だった

 

「こんな時間にどうしたの?

何か困っているの?」と、

とても心配そうな顔だった

 

「道に迷ってしまって

京都へ行きたいのですが、

どちらに走ればよいでしょうか」

 

「えっ!?

自転車で…

貴方、どこから…」

 

「岡山です」

 

「えっ!?

貴方…おいくつなの?」

 

「中3です!(笑」

 

そんな会話を交わし、

なぜ京都に行こうとしたのか

なぜ自転車だったのか

色々な話をして

少し仲良くなった

 

そのご夫婦はとても

親切で、

わざわざ地図を書いてくれた

 

そして、

別れ際

 

くしゃっ…

 

 

握手をした手から

紙の感触と音がした

 

「持って行きなさい」

 

「えっ…」

 

見ると

くしゃっとなってしまった

1000円札だった

 

!?

 

俺は慌てて

皺を綺麗に伸ばし

 

「ダメです!

こんな大金!

受け取れません」

 

あり得ない

会って間もない

得体の知れない

イカれた厨三病野郎だぞ

俺は困惑していた

 

「但し…」

と、口調が一気に強くなった

かと思えば

とても優しい顔で

 

「君の目的を達成し、

必ず無事に家まで帰りなさい」

 

 

1000円札を綺麗に折りたたみ、

そっと俺の手に握らせ、

優しく俺の手を包み込んでくれた

 

「約束できるね?」

 

正直、

怖かった

不安だった

成し遂げられるのか

逃げたかった

帰りたかった

でも、

進むことも

戻ることもできなくて

すれ違う大人は皆

俺など視界に入らないかのようだった

俺の存在などないかのように…

 

その手は…

少しごつごつしてて、

ざらざらしてて

固くて、でも、

本当に優しくて

それでいて

本当に暖かかった

 

息苦しくて

歯がガタガタなって

瞬きできなくて

何も言葉に出来なくて

でも、

俺は懸命に首を縦に振った

 

「は…ぃ…

やぐ…ぞ、ぐ…

じま…っ…

やぐぞぐじまず」

 

全力だった

 

不思議と

いや、

当然だろう

恐怖も不安もなくなった

 

行ける

 

いや、

行くしかない

それ以外に道はない

 

俺は深く何度も頭を下げて

ご夫婦とお別れをした

 

そして、

地図を片手に

自転車を漕いだ

 

結局

俺は

その1000円札を使えなかった

使える訳がない

もはやその

1000円札は俺にとって

お金ではなくなっていた

 

俺にとってそれは

 

お守り

 

くじけそうになったら

俺はその1000円札を見た

 

今でも、

その1000円札は

フォトアルバムに挟んでいる

 

たかが1000円

 

されど、1000円。

 

1000円で何ができる?

 

その手にした

1000円は何に消えていく

 

その1000円は

何を与えてくれる

 

俺は

1000円を

あの時のご夫婦のように、

あそこまで

価値あるものに出来たことはない

これからもできないだろう

だけど、

できたらどれだけ素敵だろうかと、

思う

素敵なお金の使い方だ

 

さて、

本題に入るが、

俺も決して

裕福ではない

 

勢いで

1000円を出した俺の財布は空っぽだ

 

桜まつりの会場には

出店がいっぱい

美味しいそうな匂いもいっぱい

が、とても手が出ない

 

唯一食べれる物(金額的に)発見!

 

1個200円の いちご大福!

彼女も

いちご大福好きだったなぁと思いながら

 

まぁ、

あのまま何もしなかったら、

適当に美味しいもの食べて

胃袋に入っただけで終わってたろうし

 

それを

考えたら

素敵な笑顔も見れて、

家に帰る為のタシ?になって

少しでも力になれたなら

その方がいい

 

後、

残金ヤバくなかったら

いちご大福 買ってなかったと思う

結構美味かった!

 

し、まぁ

 

えっかな!(笑

 

桜見ながら

いちご大福 最高って話!

どうした…俺…

 

気まずい空気が流れた

 

クライアントは口元に手を当て

困惑しながら、どうしたらいいか

分からない様子で、

俺の目から目を離せないようだった

 

俺の異変に気付いた人たちは皆、

声を出さずにいたが、

気付かない人たちは少し遠くの方で

忙しそうにしていた

そこだけ

確実に時間は流れていた

 

えっ?

 

時間にして約5秒くらいだろうか

自分でも気付かなかった

しかし、確実に感触はあった

 

でも、あり得ない感触だった

 

桜の花びらが…

なんて

綺麗なことは

敢えて言うまい

 

頬をつたう感触が

顎下で止まった

 

理由は分かっている

クライアントの机の上にあった

1枚の入場チケット

 

何とも言えない

込み上げてくるものを

必死に堪えた

 

俺は敢えて

クライアントの目を見て

仕事に集中した

 

クライアントが

俺の話に集中していないことはすぐ分かった

口元に手を当て困惑していた

分かっていたけど

俺は続けた

目を見開いて

無意識の抵抗を続けた

やめたら

やめてしまったら

瞼を閉じてしまったら

それこそ

もう俺は

ここに戻れない

 

目をそらすな…

見続けろ

話し続けろ

考えるな

集中しろ

目の前のことに

 

 

どうして

 

考えないように

何とかしようと

しているのに

 

フォーカスが研ぎ澄まされ過ぎてあかん…

何を見ても

何を聞いても

何を食べても

ふとした香

見ず知らずの後ろ姿

見ず知らずの何気無い仕草

 などなど

 

引き金が多過ぎる…

 

車でラジオを聞けば、

同じ歳、同じ名前の別人のゲストに

動揺し追突しかける

 

テレビを見れば

ニュースで

記憶に新しいテーマパークが特集されている

 

クライアントの机の上には

見覚えのある入場チケットが置かれている

 

あまりにも

残酷だろ

 

 

初めて泣いた

 

いや、

泣いたことは何度もあるが、

 

厳密には

目を見開いたまま

涙を流したこと

 

という方が適切か

 

しかし、

クライアントの目の前はヤバいな…

これはヤバい

 

花粉症(ではないが)なんですよ!(笑(ずずるっ

 

とごまかしたが、どうかな、、、

 

どうした…俺…

 

 

 

ほんと情けな

 

一生分泣いて

涙枯らして

二度と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談だが

商談はちゃんと成立させた

 

ずるした気がするな…

 

 

なんだ

 

この

 

モヤモヤ