読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uの忘れ物

忘れ物をしない為に 振り返ることが 今の俺にできるたった1つのこと

4/1 エイプリルフール とは時に余りにも残酷だ

今日は

 

エイプリルフール ということで、

少し気分を変えようかな、と。

 

様々な 嘘 が飛び交った日だったでしょう。

 

嘘であってほしいこと。

 

本当であってほしいこと。

 

嘘でしょってこと。

 

本当かよ!?

 

ってこと。

 

楽しい嘘。

 

嬉しい嘘。

 

笑えない嘘。

 

舐めた嘘。

 

嘘か、

 

本当か、

 

分からないこと。

 

分からなくても許される日。

 

本当のような、

嘘のような、

でも、

それはきっと嘘ではなくて、

本当はそうなのかもしれない。

でも、それをきっと認めれない。

素直じゃないから、

それを見越し裏を読み、

嘘を言えば、

それが本当になるかと言ったら、

決してそうはならない、

こともないかもしれないが、

それを決めるのは、

自分ではない。

現に、

今日、嘘が飛び交ったかと言えば、

決してそんなこともなかった。

と、いう人もいるだろう。

昨日と変わらない 今日、

今日 と変わらない明日、

皮肉にも刻を刻むことは、

今後も変わらず、

今しばらくは続くだろう。

太陽が地球を呑み込むまでは…

真面目に働く人、

真剣に遊ぶ人、

不運に見舞われる人、

幸福が訪れる人、

それが、

今日 誰に 訪れるか、

それだけのこと。

 

笑顔の裏は笑顔だろうか。

 

悲しみの裏は悲しみだろうか。

 

誰もが

毎日

 

嘘を付かずに生きていける日が、

1日でもあるだろうか。

 

なんてね。

 

そんな深いことは抜きにしてね。

 

嘘でもいいから、

 

「嘘でした!」って聞きたかった。

 

今日は

エイプリルフール。

 

「嘘」が「嘘にならない日」

 

何も変わらない。

 

だから、

せめて、

 

「嘘でした!」

 

「えっ、嘘!?」

 

「嘘!」

 

 

 

 

 

 

 

あかんですね。

はい。

馬鹿です。

 

 

 

 

エイプリルフール とは

時に余りにも残酷だ。

 

でも、

少しだけ、

夢を見れた。