読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uの忘れ物

忘れ物をしない為に 振り返ることが 今の俺にできるたった1つのこと

2017年3月29日【別れ3】

2015年8月22日〜2017年3月29日

約1年8ヶ月の彼女との日々

彼女が教えてくれたことを書きたいと思う。

 

1度には書き出せないので、

小出しになるが勘弁してほしい。

 

彼女と付き合い始めた2015年

当時彼女は18歳。

俺は当時30歳で11歳差だった。

 

そんな彼女が俺に教えてくれたこと。

 

【やっぱり女の子】

 

ということだ。

 

彼女はとてもしっかりしていて、

自分の意見も、

考え方も、

生き方も、

持っていた。

 

俺と11歳も歳の差があるにも関わらず、

俺とほぼ対等…

いや、

下手したら俺をねじ伏せるくらい、

正論や正当な意見を言ってきた。

 

それに対して

俺は多々反論出来ずに、

うぅっ…と、唸るしか出来ないこともあった。

 

弱音はほとんど吐かず、

でも、

俺の弱音は吐き出さそうとします。

少しでも頼ってほしい、

と、言われたことがあった。

 

今思えば…

彼女は沢山の サイン を送っていた。

 

「あのお店気にならない!」

 

「あそこ、新しくできたんだよ!」

 

「壁ドンってされたら、

キュンってするのかな!」

 

あれも食べたい、

これも食べたい、

あそこに行きたい、

何々したい…

 

俺は決まって

「うん、また今度ね!」

 

彼女は決まって

「いっつも、今度今度って

今度っていつ?行きたいとこリスト

溜まる一方じゃん」

 

というやりとりをしていた。

 

先延ばしにしようと思った訳ではない。

それでも、言い訳でしかない。

 

俺の頭に

次がない という言葉は微塵もなかった。

いつでも会える訳ではないけれど、

予定を合わせて、また会える。

浅はかな考えだった…

 

そんな

ある日、彼女と喧嘩して、

彼女から距離を置きたい。

と言われた。

次に会う約束をしていたが、

その日までは距離を置きたいと。

LINEの回数、

通話の回数が極端に減った。

 

その間、

考えることは彼女のことばかりだった。

 

そして、急に何故か

行きたいところリスト

欲しいものリストが気になった。

 

リストは結構な数になっていた…

こんなに…

俺は応えてあげれていない…

このリストの数は

彼女が俺を求めてくれた数じゃないか…

彼女の気持ちを知りたい…

でも、どうしたら…

 

浅はかと言うか、

バカと言うか…

 

以前、友人が

女の子の気持ちを知りたければ、

少女漫画を読め!

と言っていたのを思い出してしまった。

いや、待て…

俺が少女漫画?

この歳で?嘘だろ…

読んだことないし…

あっ!?

そこで気付いてしまった。

読んだことない…

から、分からんないんだ!?…と。

 

30歳のおっさんが本屋に走りましたよ。

本屋に入って、目指した先は

もちろん少女漫画が置いてあるコーナー。

とてもピンクでしたね。

右も左もピンクピンクピンク。

黒いロングコートの

見るからに怪しいおっさんが

ピンクの中におる訳ですよ。

視線が痛い…

しかも、

種類があり過ぎて、

何を見たらいいのか分からない…

彼女の気持ちを知るために

彼女の気持ちが分かる少女漫画はどれなのか…

むしろ、

彼女が登場している漫画がないかと(ある訳ないが

探し回るが、

全く見当も付かず。

気付けば30分くらいうろちょろしてた(と思う

いい加減、店の人までそわそわし始めたので、

携帯で

人気 少女漫画   検索(カチッ

 

すると、

PとJKという本が出てきた。

 

 

よく分からず

スルーして他を調べようとしたら、

本棚側面(メインコーナー)に並んでいる

PとJK が目に飛び込んできた。

 

これ、今検索して出てきたのちゃうの!?

と、嬉しいと言うか、なんというか、

運命的なものを感じて手に取った。

 

表紙を見て

PとJK…ん?

!?

ポリスと女子高生!?(なんだこれは!?

 すぐさま、

裏の

紹介記事?を見て

電流が走った。

 

高校生のカコ(16歳)は社会人の合コンに参加!(えっ…

(設定は、22歳・童顔・学生。)(えっ…

そこで功太(23歳)と出会い、恋の始まり(えっ…

と思ったら、何と功太はPだった!!(ダメなやつやないこれ…

 

でも、

ん?

16歳と22歳…

6歳差!?

歳の差?カップルの話!?

これって…

もしかしたら…!?

俺と 彼女に当てはることがあるんじゃないか!?

 

俺の目はきっと輝いていたでしょう。

キラキラと。

外野から見た俺の目はどうだったのでしょうね…(遠い目

 

とりあえず3冊買おうと手に取りレジへ。

困惑した店員さんとは目を合わせず(合わせれず

店員さんから、

「カバーどうしますか?」と言われたが、

緊張のあまり、

「いえ、だいじょ…(ぶじゃない!?)です」

とアホしてしまった。

しかし、

まさかの救いの手が

「プレゼント用でよろしかったですか?」と。

「はい!是非、それでお願いしたい!」と俺は間髪入れずに言った。

プレゼントというか、

俺が読むのだが…

何やってるんだ、俺は…

と思いながらとぼとぼと帰宅した。

 

 

相変わらず

彼女からの連絡はない。

 

切なくて、

苦しくて、

 

すがる思いで漫画を読んだ。

 

感想は割愛する。

 

けど、1つだけ。

 

彼女も女の子なんだ。

どれだけ強がっても

しっかりしてても、

強くても、

 

【やっぱり女の子】

 

なんだと。

 

きっと彼女もこんな

トキメキのあるワクワクできる

誰からも応援されて

暖かい

まっさらの恋愛をしたい だろう、と…

 

胸が締め付けられる思いだった。

張り裂けそうなほど苦しくなった。

 

オレデハダメナノカモシレナイ

 

そう思った。

 

約束の日。

彼女は約束だからと渋々そうだった。

 

ここからは

以前投稿した

【別れ 2】と繋がる。

 

 

kagelow0330.hateblo.jp

 

 

手紙を渡し、

花束を渡し、

ネックレスを渡し、

指輪を渡した。

 

そして、

距離を置かれている間に感じたことを伝えた。

 

「これからは
自分本意ではなく、
今までしてあげれなかった分、
ドキドキ、ワクワクさせる。
S(彼女)のことをお姫様にする」

 

俺の精一杯の決意表明だった。

 

 

彼女は

「うん!」と喜んでくれた。

 

彼女がPとJKに気付き、

どうしたの、これ?

と、聞かれたので事情を説明した。

 

彼女は本当に面白がって笑ってくれました。

 

しかし、ぽろっと、

 

「高校の時にこれ読んでときめいてた。

でも、これじゃぁ、今の私の気持ちは分からないだろうなぁ(笑」とサラッと言われた。

 

えっ…

 

女の子の気持ちってやっぱり

よく分からない

 

でも…

 

彼女の笑顔が見れて幸せだった。

 

いつまでも、

この幸せが続くと思った。

 

痛む心の悲鳴に蓋をした。