読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uの忘れ物

忘れ物をしない為に 振り返ることが 今の俺にできるたった1つのこと

微量の過信と付け焼き刃

「爪楊枝でラスボスに挑め」

 

相乗効果

 

ミックスアップ

 

昆布と鰹節

 

単体ではあまり意味を成さないが、

組み合わされば、その恩恵は計り知れない

 

知識と行動力は

やはりセットで初めて

意味を成す代表だと思う

 

そこで

1つ大事なこと

 

それは、

成熟してなくてもよいということだ

 

知識が熟すのを待っている間に

石橋を叩きまくって安全を確認している間に

 

時は流れる

 

「爪楊枝でラスボスに挑め」

 

これは

一見無謀なようで

実は満更でもない

 

ある事柄に対しての知識が1つしか与えられてなかったとする

 

これでは戦えないと思うのは間違いだ

 

1つあれば戦えることを知るべきだ

 

不利か有利かは別にして

とりあえずは

 

戦える

 

その知識が

今は木の爪楊枝だとしよう

 

それを

針金の爪楊枝にする

 

さらに

磨きをかけて

ステンレスの爪楊枝にする

 

さらに磨き

ダイヤモンドの爪楊枝にする

 

どうだろう

 

少しはまともに戦えそうではないか?

 

知識は1つでいい

後は戦えそうな状態に持っていければいい

 

えっ?

それすら、

面倒?

 

木の爪楊枝でラスボスに挑みたいって?

 

いい度胸だ

 

それなら

簡単な方法を1つ

 

微量の過信を持つことで

 

戦える

 

木の爪楊枝だって

立派な武器だ

 

刺されば痛い

十分戦えるはずだ

 

何が言いたいか

微量の過信と付け焼き刃

 

一瞬耳にした

上部だけの知識でも、

いけるやろ!って思えたら、

結構いけることもある

 

ということ

 

それを知るだけで変われる